講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

経験の浅い人に接するとき注意したいこと

経験の浅い人に接するとき注意したいこと


紫 朝顔
たとえば職場で、まだ経験の浅い人が相談にやってきたり、アイディアが浮かんだと報告に来たとき。

経験豊富な人は、「まだまだ足りないな」、「分かっていないな」と感じることがあるかもしれません。

しかし、こんなとき、頭ごなしに否定したり、ましてや馬鹿にしてはいけません。

長い経験があれば、物事の本質を見抜けるでしょうが、相手はそこまでのキャリアを持っていません。

自分が彼等と同じくらいの年齢だったときのことを思い出してください。
きっと、まだまだ未熟だった姿が浮かんでくることでしょう。

全否定された人間は、二度と相談に来なくなります。
成長のチャンスを奪ってしまうのです。

人はそれぞれ、積み重ねてきた経験値が異なります。
そこをよく踏まえた上で、応対してあげてください。

そしていつか若者は、素晴らしいアイディアを生み出す有能な存在へと成長していくことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す