講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

表現する方法 共鳴を呼ぶこと

表現する方法 共鳴を呼ぶこと


ラベンダー
私達は、何かを伝えようとするとき、言葉を用います。
文章然り、話し言葉しかり。

さて、人が何かを伝える術はそれだけでしょうか?

答えは、おそらく否です。

もし文字が読めない人であっても歌声で伝えることができる。
絵で表現することもできる。

あるいは、楽器を奏でることも同様です。

そう考えてみると、心を伝えるという行為は、何も人間に限ったことではなく、鳥など動物達も日々営んでいることに気づきます。

人が聴けば、擬音にしか思えないものでも、彼等同士の間ではコミュニティーが成り立っている。

鳴き声で返すという会話は、彼等にしか分かりません。

文章が不得手、話すことが苦手・・・。
いろいろな人がいる世の中ですが、必ずや、最も自分を表現できる術を持っているはずです。

そして、心からの問いかけは、やがて共鳴を生み、大きな結晶体となるに違いありません。

人間、何も話上手だけが皆の心をつかむわけではない。
そんなことをあれこれ思う土曜の夕べです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す