講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

子供達のために先生を守る

子供達のために先生を守る

黄色い薔薇
学校は子供達のためにあるもの。
いつか社会へと巣立っていくときのために、心身を鍛え、学ぶ場だと思っています。

そのためには、子供達に一番身近で接する先生が健康でいることが、とっても大切です。

昨今は、悩める先生が多いと言われます。
いろいろな要素、原因がありますが、その一つが「モンスターペアレント」の存在。

モンスターペアレントというと、ドラマの世界のように思われるかもしれませんが、現実に存在するし、想像だにできない過酷な状態にあるケースも見受けられます。

そのとき、先生としては、何とか事態を改善しようと全力を尽くしますが、一人の人間では限界まで行ってしまうこともあります。

こんなとき、校長や教頭をはじめ、学校一丸となって担任をサポートし、孤立させないことが最も肝要です。

もし、学校だけで対応困難な実情であれば、所管の教育委員会や児童相談所に助言を求める必要もあるでしょう。

大切なのは、一人の先生にすべてを抱え込ませないことです。
学校が良きチームとなるために与えられた宿題だと捉え、それを乗り越えることで、更に素晴らしい学びの場になってほしいと、心から願います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です