講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

自分の過去は変えられるか

自分の過去は変えられるか


朝顔青
忘れてしまいたいこと。
胸に痛みを感じる出来事。

誰もが少なからず、過去にほろ苦い経験をしていると思います。

さて、過去は自分が生きてきた証でもあります。
逃れたいと思うほど、脳裡から離れず、自らを苦しめてしまうことも。

過去とは、変えられるものなのでしょうか?

過ぎたことは変えられないとはよく言われますが・・・。
たしかに事実は変えられない。

しかし、過去をどうとらえるかで、過去という存在が持っていた意味合いを変えることはできます。

忘れたくて仕方ない過去があるならば、いっそ真っ直ぐ向き合って、記憶から消去しようとするのではなく、自分にとっての意味を変えてしまう。

「あの時、あんなことがあったから自分はダメなんだ」と考えるのか?
「あの時、ああいう経験をしたから今の自分があるんだ」と考えるか。

一つの物事、事象でも、見る角度によって様々に変化します。

よって、私は思うのです。
自分にとっての「過去」がどんなものであったかは、変えられると。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す