講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

情と知 有能な実務家が良き管理者であるとは限らない

情と知 有能な実務家が良き管理者であるとは限らない

菖蒲の花
一昔前に比べると、実務に対するスキルと申しますか、知識や技能の必要性が増していると思います。

年功序列が基本であった頃は、年齢を重ね、徐々に職位が上がるにつけ、実務的なものからは離れていったケースが多いわけですが、昨今では、ある程度の職位に上がっても、自ら実務を行うことも増えてきました。

有能な実務家であり、その道のスペシャリストというのは大切な存在だし、いい仕事を成し遂げるためには必須であると考えています。

一方、では素晴らしい実務家であるから、人を束ねる管理者としても優秀か?といえば、必ずしもイコールではありません。

実務家は、まず自らのスキルを磨き、眼前の仕事で成果を出すことが仕事。
いわゆる知の世界ですね。

管理者はといえば、自分の元で働く人々の心を解せなくてはいけません。
ある種、情ともいえるでしょう。

知と情。
その両者を兼ね備えていれば理想だし最強!とも言えるでしょうが、なかなかそうは上手くもいきません。

まずは、己を知ること。
そして、人事担当者は、実務家と管理者では求められる資質がイコールではないということを知ることが大切ですね。

私が思う理想の管理者とは、自分より優れた人々をいかに見抜き、それを上手に登用し、実力を発揮させてあげられる人物だと。

知だけでも、情だけでも、現実は上手く回ってくれません。
職位によって求められるものは違うし、まずは己を知り、足りないと気づけば、そこに留意して、自分も生き、組織も発展させることが大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です