講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

人に会いにいこう

人に会いにいこう

綺麗なバラ
昔の人々は、よき師を見つけ、話を聞くため、何日も歩き会いに行ったといいます。

今のように、電話もなければネットだって当然ない。
勉学に励もうとするとき、直接訪ねるしかなかったのですね。

昨今は、時間の短縮など合理性と利便性を享受し、たとえば一歩も部屋を出ずして、多くの人々とコミュニケーションを取ることができます。
距離の概念は消え、労力を要さず情報交換ができる時代になったわけです。

ですが、私はあえて、「この人こそ!」と思ったときは、不合理と言われようと、直接会いにいくことをお勧めします。
また、困難な仕事に携わる場合も同様です。相手方へ足を運んで直接話す。

電子データでは伝わらないもの。
それは、お互いの呼吸であり体温です。

直接会って、しっかり向かい合えば、瞬時にして信頼に足る人物かどうか?も分かってしまう場合もある。

ネットをはじめ、情報伝達手法が発達した今だからこそ、良き師を訪ねることをお勧めします。
また、仕事もそうで、困難案件であれば、鍵を握る人物に会いに行く。

人と人の距離を最も近づけるものは、それは気持ちが伝わることであり、それなりの時間をさき、労力を使ったときです。
ぜひ、この人こそは!と思ったら、汗を流し、足を運んでみてください。

これは、友であっても、家族であっても同じだと、私は考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です