講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

有害ネットから子供達を守る

有害ネットから子供達を守る

宮代の桜
先日、ぽかぽか陽気の日に、ちょっと散歩へ行ってきました。
この写真は、そのときのもので、背景にぼんやり見えるのは、木造時代を想わせる小学校の校舎です。

今、こういう校舎を建てると、とてもコストがかかりそうですが、木造の学校には味わいがありましたね。

思えば、時間がゆったりと過ぎた時代でした。

今や、ネット時代が到来し、あらゆる分野で高速化が進み、情報量も無尽蔵といった様相を呈しています。
当然、そこには好ましくないもの、有害なものが出現してきます。

特に、心が成熟するに至っていない子供達が、有害なサイトを利用したことによる被害も見過ごせない状況です。

ただ、現代社会において、ネットは不可欠になってきており、ITの技術、理解は必須に近いものがあります。

ITを正しく活用し、子供のためにも有益であるようにしたいものですが、悲しいかな弱者に付け入る存在が多数あり、いくら規制しても、法の抜け道を悪用する例が後を絶ちません。

となれば、自ら、家族が、子供達を守っていかなくてはならないと言えるでしょう。

私の地元、埼玉県でも、青少年をネットの被害から守ろうという施策が展開されています。
こういった取組は、充実していかなくてはなりませんが、ご存知のとおり、ネットの世界は、数秒単位で、次々と新しいものが生まれてきます。

悪意のあるサイトやメールから子供達を守るには、自己防衛が一番の手立てであると言わざるを得ません。

実に、嘆かわしい実態ではありますが、私共も、折々に啓蒙活動を推進、発展させていきたいと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です