講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

大概のことはサラリと 時々一生懸命

大概のことはサラリと 時々一生懸命


空と雲
何事にも一生懸命、精一杯やる!
尊いことですが、実際に毎日を生きている人としては、いささか不自由だし、余裕をなくしてしまいます。

「いざ!」というとき、根気が続かず、息切れしてしまいますよね。

まぁ、大概のことは軽く流し、ここぞというときばしっといく。

大切なときに集中してエネルギーを投入できるように、心にもメリハリが必要です。
何も、四六時中一生懸命であらねばならぬことはないし、心身ともにリラックスして過ごす。

そうすることで、余裕も生まれ、大切な場面というものを見逃さず、的確な判断もできるというものでしょう。

のんびり、ゆっくりまいりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す