講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

頭を空っぽにしよう

頭を空っぽにしよう

風過ぎし竹林
昨今は、ほとんどのものがデジタル化されました。
必然、私達の生活も時間の正確性がより多くもとめられ、分刻み、あるいは秒単位で動いている人さえいます。

時間を守ることとか、時間を大切にすることとか・・・。
実に大切なことですが、24時間絶えずその管理下に自分を置くのは、いささか疲れます。

睡眠を取る時間があるといっても、多くの人はアラームをセットし、起きる時間までデジタルに管理されている。

そこで、ぜひ実践してほしいことがあります。
毎日、少しの時間でいいから頭を空っぽにすること。
ぼ~っとする時間を持つことです。

たとえば、床に就く前の5分程度でもいいでしょう。
何も考えず、視覚も刺激せず、音からも離れ。

多くの人達は、人間関係のことを考えたり、仕事や学校のことで悩んだり、絶えず心に休息を与えていない状態です。
休むことなく、心を頭を働かせ続けているのです。

日々の終わりに、頭を空っぽにして、ぼ~っとしてください。
どうしても、何かを考えてしまうなら、その日にあったほんの小さなことでいいから、よかったと思えることを探してください。

キーワードは、一日の終わりは、ぼ~っとタイムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です