講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

育児休業中の不安を軽減するために

育児休業中の不安を軽減するために


チューリップ
育児休業中の不安や悩みに関することは、以前にもちょっと触れました。
本来、育児に専念して、我が子の成長を見守る期間であるのに、どうしてもあれこれ心配事が浮かんでしまう・・・というケースです。

特に、第一子をご出産された方々の場合には、子育て自体への不安もあり、その上で仕事のことも気になって仕方ないということになると、かなりの心労となります。

人によって様々ですが、育児休業中にも関わらず、仕事が不安になる場合は、孤独感とか情報過疎に対する恐れがあるのも事実だと思います。
時間の流れに取り残されてしまうのではないか?という。

実は、育児休業中の職員に対するケアや情報提供などについては、制度的には、近年かなり改善され進んでいます。
ただ、個々の職場で、それが上手に実践されるに至っていないということだろうと、私は考えています。

たとえば、具体的な例でいえば、職場へあて、「これこれこういう情報については、その都度メールで連絡をください」などの対応を取ることがよいでしょう。
ただし、育児のための休業期間ですから、くれぐれもご自分の負担にならないよう、まずは子どもさんと向き合うことを優先することは当然だと思います。

気軽なところでいけば、各教育委員会が発刊している広報誌などは郵送してほしい・・・とか、そういったことを希望される場合には、遠慮なく頼んだほうがいい。
育児も仕事も疎外感というものが、不安や心身不調につながります。

貴重な時間を皆さんそれぞれが自分にあった過ごし方ができますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。