講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

教職員の人事異動 悲喜こもごもなれど

教職員の人事異動 悲喜こもごもなれど

桜咲く季節にて
公立学校に勤務される教職員の皆さんにとっては、人事異動の季節ですね。

また新しい気持ちで、ご活躍されることを心からお祈りしております。

人事異動といえば、まず内示があるわけですが、自分の行先を聞いたときには、よかった!と思う人と、ショック!と感じる人もあることでしょう。

人事異動に関しては、それぞれのご年齢により、考え方、捉え方も違うと思うのですが、若いうちには、なるべくいろいろ経験され、幅を拡げていくことがよいと思います。

目先、一度の異動で一喜一憂せず、長い目で見ていけば、必ずや何かを得ることができます。

一方、特別なご事情をお持ちの方々については、なるべく早い段階で所属長に話し、相談しておくことも大切です。
人事異動、ぎりぎりの時期になってしまうと、事務的には進んでしまっており、変更することが難しくなる場合がありますので、状況を伝えておくには早いに越したことはありません。

特別の事情とは、いろいろありますが・・・、
・健康上の理由
・ご家族の介護
・出産、子育て
・結婚
などがあります。

特に昨今は、子育てに携わる職員には極力配慮するようにという時代になっていますので、どのような勤務形態にしたいのか?を決めておくことをお勧めします。

県立の高等学校と市町村立の小・中学校ですと、人事の手続きにも若干の違いがあります。
何かご心配な点などありましたら、お気軽にお電話ください。

新しい年度が、皆様にとってステキなものでありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です