講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

子どもが学校へ行けなくなったとき、家族はどうしたらいいのか?

子どもが学校へ行けなくなったとき、家族はどうしたらいいのか?


土いじり
ある日、子どもが学校へ行かなくなった。
親とすれば、「どうした?何かあったの?」と声をかけ、とにかく学校へ行ってきなさいと言う。

子どもが学校へ行くことを拒み始める理由や背景は様々で、一概に言うことはできないし、すべてのケースが教科書、マニュアル通りの対応で何とかなるというものでもありません。

親に課せられた応用問題ともいえるでしょう。

実際、親が声をかけることで、すぐに学校へ行ける子どももいますが、学校へ行けなくなったという状態になるまでに、長い時間の中で子どもなりに苦しみ続けてきたというケースもあります。

親になら正直に話せる子どももいる一方、親だからこそ本当のことが言えないという場合も多いので、子どもの苦しみには、どんな背景があるのか?ということを知るには、苦労を要します。

気を付けたいのは、子どもが見せる表面上の顔つきよりも、実は長く深く悩み続けてきたというケース。
この場合には、親子で話し合ったから、明日から学校へ行ける・・・と、それほどシンプルなものでもありません。

おそらくは、たくさんの時間の中で、学校へ行けなくなる状態へ辿り着いたのでしょうから、回復させ元通りに通学できるようになるためには、同じくらいの時間をかけて、子どもの心を癒してあげる必要もあります。

どんな状況下でも、常に子どもを信じてあげられるのは親だけだと言ってもいいでしょう。
焦らず、じっくり、ゆったりと子どもと触れ合い、静かな環境の中で、時間をかけて、子どもの心を和らげ、開いてあげてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。