講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

喜怒哀楽の中に

喜怒哀楽の中に


夕焼け空
喜怒哀楽という言葉がありますが、人間、生きている限り、大概はこの範疇にあるのでしょう。

腹が立つこともあれば、どうにも切ないときもある。

これは、一生懸命に生きている証だといえますが、まぁ大凡のことは穏やかに過ごしたいものです。

小さなことに、一つひとつこだわったり、くよくよしていては身が持ちません。

怠けろとは言いませんが、「ここぞ!」という時、潮の流れみたいなものが人間にはあって、そのときに集中して全力投球すればよいのです。
昼行燈と申しますか、普段は、ぼーっとしていても、それはそれでいいのではないでしょうか。

そう、ここぞ!というときに、自分のパワーを発揮できるよう、心にエネルギーを満たしておきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。