講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

不規則のすすめ

不規則のすすめ

コアラ
勉強でもスポーツ競技でも、しっかりスケジュールを組み、定期的且つ時間に添って実践することが大切だ。
一般的には、これがセオリーだと思うし、多くの意見であることでしょう。

ですが、私はあえて不規則に物事に行うことをお勧めしたいと思います。

社会へ出て仕事をする。
スポーツなら相手と戦う。

予想どおりの展開ばかりではないし、イレギュラーは当たり前。
突発的な事態に対応する柔軟性をもっていなければ、現実を乗り越えていけません。

ここぞ!というときに、ぐっとギアを入れてエネルギーを注入できること。
急な事が生じたときに、すぐさま集中モードに切り替えられる素養。

これは、日頃からそういった事態に対応できる脳や躰の準備が必要です。

大袈裟にいえば人生。
すべてが予定どおりに行くわけはありません。

あえて不規則に。
やるときはやる。そうしたら脱力する。またやる!
私達は、時間に操られるのではなく、自らが時間を思うがままに活用できる能力を養っておく必要がある。

情報が氾濫し、何かとスピードが重視される世の中。
それに対抗する自分を用意しておくことが肝要でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です