講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

不登校への対応で学校が気を付けること

不登校への対応で学校が気を付けること


八重の桜
全国で13万人をはるかに超えるとされる不登校の児童・生徒ですが、まず「不登校」とは、どういった状態を定義しているのかを簡単に整理してみましょう。

・年間30日以上欠席した者(病気や経済的理由に起因するものを除く。)
というのが大筋です。

病気や経済的理由を除くとする中で、不登校に至る直接の原因とされているのは、多いものでは「学校生活に起因」で、友人関係、教師との関係、学業不振、部活動不適応・・・などがあげられています。

また、不登校の児童・生徒への対応について、文部科学省は、教師が不登校児に会えているかどうか?をデータとして公表していますが、この部分には、学校として十分な配慮と英断が必要だと考えています。

このようにデータ化し、分析することは非常に大切なことですが、これを受けて学校現場が、過度に「会わなくてはいけない」と、思い込んでしまうことには、やや危惧しています。

もちろん、教師が児童・生徒と会い、実態を把握し、手を差し伸べることは大切ですが、子供の状態はケース・バイ・ケースであり、ただやみくもに「会わなくちゃ」と学校側に焦りが出ることは避けたいところです。

子供によっては、学校からの過度な連絡が心の負担となり、更に症状を悪化させることもあるでしょう。
十分な見極めが必要です。

ただし、不登校となる児童・生徒の場合、その原因が「虐待」である場合も少なからず存在し、この発見が遅れると、事態は取り返しのつかない場面となってしまいます。
虐待の場合、最も発見できる可能性があるのは、学校、教師であるため、家族との対話の中で、不振に思える点などには、十分留意が必要となるでしょう。

「不登校」と一括りに考えてしまう方々も多いと思うのですが、主な事例だけを見ても、その原因は千差万別です。
それぞれのケースにより、学校が適切な判断と対処をすることが期待され、その役割は、現在の学校教育にとって、実に重要なものとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す