講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

うつから回復する時期は特に注意を

うつから回復する時期は特に注意を


山の風景
うつ症状となり、悪化させてしまうと、言葉では表現できない苦しさや辛さにおそわれます。
本人はもとより、ご家族にとっても同様です。

学校へ行けない。
仕事に通えない。

ある程度までこじらせてしまうと、自宅療養などにより回復を待つわけですが、人それぞれ違いはあるものの、気持ちが上がるときと、がくんと下がるときが波のようにやってきます。

治療を続けることにより、この状態を安定させ、徐々に気持ちを持ち上げていくわけですが、少し元気が出て明るくなってきた・・・と家族が感じる頃に注意が必要です。
大きな反動が来る場合があるからです。

少し良くなってきたからといって、急に治療をやめたりせず、時間をかけてじっくり過ごし、必ず主治医と話をすることを継続してください。

また、薬を服用している場合、その減らし方が実に大切だと言われています。
よくよく主治医に状態を伝え、指示に従って減らしていってください。

昨今の時代は、何かとストレスの多い時代。
もし、心を病んでしまったとしても、それは特別なことではありません。

少し休みなさいという声だと思って、気持ちをゆったりもってください。
必ずや治ります。

学校へ戻ったり、職場へ復職するときに、なんだか難しい手続きばかり・・・と思われれば、私達がお力添えいたします。
大丈夫。安心してまいりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。