講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

空の時間を持とう

空の時間を持とう


竹林
「忙」という字は、「心を亡くした状態」だとよく言われます。
たしかに、次から次へと物事に忙殺され、次は何をしなければ!その次はあれを!と、せわしなく時を過ごすことが多い現代。
つい、心の余裕をなくしがちです。

仕事でも子育てでも、よい環境で楽しくやっているときには、苦には思わないことでしょう。
しかし、一度嫌になってくると悪循環となり、文字通り心を亡くしてしまいます。

忙しい人だからこそ、時々でいい、心を空にすることを心がけてみてください。
人工的な音をシャットダウンし、眼を閉じ、空の時間に身を委ねてみる。
きっと、疲れていた心と躰に、エネルギーが戻ってくると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。