講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

寒さの先にあるもの

寒さの先にあるもの


我が家の庭にある梅の老木

我が家の庭にある梅の老木


我が家の庭には、何本かの梅の木があります。
私が生まれる前からの老木です。
今はまだ小さな蕾で、写真は昨年撮ったもの。

年輪を重ねるほどに、そのつける花、実は少なくなりましたが、それもまた愛おしく思えます。
長い付き合いとなった梅の木に、「お互いにいい年齢の取り方をしたいなぁ」と、語りかけてみたり・・・。


身を刺すように冷える中に咲く花。
やわらかい姿は、すぐそこまで春が来ていることを教えてくれます。

私は、きっと人間の人生もそうだろう、と思うことがよくあります。
寒い季節を乗り越えた先には必ずや光がある。
辛いときにはつらいと、悲しいときは哀しいと受け止めればいい。
心のどこかに、きっといい日が来る!ということを忘れずにおけば。

必ず、陽光の中で笑える日はやってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。