講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

学年、学期途中の転編入学(転校)はできるか 単位は

学年、学期途中の転編入学(転校)はできるか 単位は


梅の花
おはようございます。
朝はかなり冷え込みますね。
風邪をひいている方々も多いようですし、インフルエンザにもご注意ください。
私の周りでも、インフルにやられた人が結構います。

今回は、高校生の転編入学について書いてみたいと思います。
いろいろな事情で、在籍する高校に通えなくなった場合、学年、学期の途中でも他校へ移れるか?ということについてです。
また、単位はどうなる?たとえば2年生である場合、同じ学年に入ることができるのか?ということなど。

まず、転編入学については、これまでもここで触れてきましたので、そちをご紹介しておきます。
よかったら参考になさってください。
「転編入学、転校のこと」
http://kyouiku-support.com/2014/02/tenkou/

「転編入学と特別な事情について」
http://kyouiku-support.com/2014/02/tenpennyu/

では、本題に入りたいと思います。

転編入学が認められるためには、以前の記事でも書いたように、いくつかの理由が必要になります。
それらは、個別の事情に基づいて判断されますので、今後、具体的事例をあげながら、書いていきたいと思っています。

実際には、保護者のほうで、希望する高校へ問合せ、「受け入れてもらえるか?」という照会をする必要があります。
受入枠があるとの答えであれば、転編入学に係る試験を受け、合格となればオッケー。
この「試験」についても、定期的に実施している学校と、随時(その都度)実施する学校がありますので、そこも確認する必要があります。

また、退学した学校で出席し取得済の単位ですが、新しい学校へ「単位取得証明書」を提出する必要があります。
この証明書は、担任だった先生にいえば出してくれますし、ケースによっては担任でなくても大丈夫です。
保存が義務付けられているので、申請すれば、必ず数日のうちに発行されることになります。

受入を検討する側の学校は、この単位取得証明書により判断し「〇学年相当」と認められれば、退学時と同じ学年に入ることができます。
一度退学したからといって、それまで積み重ねた単位まで消えることはありませんので、ご安心ください。

さて、そこで、こういった疑問もお持ちになる方々もいらっしゃることでしょう。
「でも、うちの子は、専門的な学科だったので、新しく希望する学校とはカリキュラムが違う」
よくある例です。

この場合、受入側の学校は、それらの取得済単位を自校のものに置き換えることもあるし、補修やレポート提出などで、不足分を履修させるということもあります。
この点については、かなり細かい話になりますので、後日改めて、個別例をあげながらご説明したいと思います。

高校生活3年間のうちに、つまずく生徒さんはたくさんいます。
しかし、すべてが無駄になることはありません。
そういったケースで、悩まれているご家庭が多いので、私達センターは、少しでもご安心をお届けできればと願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。