講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

先生の休職、復職 その手続きについて

先生の休職、復職 その手続きについて


陽射し
こんにちは。
もうすぐお昼タイムですね。
美味しく食べられるのは元気な証拠。
よい祝日をお過ごしください。

さて今回は、先生の休職と復職について触れてみたいと思います。
一般的な手続きと、その流れについてご説明したいと思います。

重い傷病にかかり、勤務ができなくなった場合、まず年次休暇、そして病気休暇で対応することが通常の例です。
しかし、療養期間が長引く場合には、病気休暇だけでは復帰できるまでには回復できないケースも多くあります。
そういった場合は、休職の手続きを行うことになります。

まず、病気休暇と休職の一番の違いは、病気休暇が有給休暇であるのに対して、休職は人事上の発令事項となります。
先に、手続きの流れから簡単に見てみましょう。

ここでは、公立学校の場合を例に取ってご説明します。
相当期間に渡り勤務ができないとの医師の診断→休職願及び診断書を職場に提出→健康審査会にて審議→休職発令の辞令
「健康審査会」というものは、自治体によって名称は異なると思いますが、教育委員会が専門医に委嘱して、休職願の事案について審査するものです。

通常の場合は、主治医の診断どおりに認められるケースがほとんどです。

こういった手順を踏むため、実は休職に入る手続きは、休暇とは違い、かなり早い段階で進めなければなりません。
ただ、傷病による体調不良なわけですから、どうしても手続期間に間に合わない場合もある。
そんなときは、ある程度の対応をしてくれる場合もありますので、よく職場を通じて、ご説明されたほうがベターでしょう。

次に、復職ですが、体調が戻り、職場復帰するわけですから、もちろん嬉しいこと。
しかし、手続的には、休職へ入るときよりも複雑な部分があります。
「本当に復帰させて大丈夫か?」、「すぐに再発しないか?」という心配をクリアする必要があるからです。

怪我などの傷病と異なり、精神疾患の場合は、復職の願を正式に出す前の段階で、試験(テスト)勤務というものが行われる場合が主流です。
いわゆるリハビリ的に、まずは短時間から試してみるということですね。
そして、少しずつ時間を延ばし、フルタイムの勤務が可能と認められたとき、正式に復職の手続きへ入ることになります。

実は、この復職へたどり着くまでの手続きや精神的負担が、かなり大きいことも事実です。
この手続きで疲労してしまう方々も少なくありません。
私達は、そういった心配から皆様のご負担を軽減しようと考えています。

休職や復職は、療養すべき期間であるものの、休んでいる間にも、かなりの精神的エネルギーを費やします。
どうか、一人でも多くの先生方が、安心して健康を取り戻せますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。