講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

傷病からの復職手続き 試験(リハビリ)勤務のこと

傷病からの復職手続き 試験(リハビリ)勤務のこと


トマト
こんにちは。昨日とは打って変わり、風のない穏やかな日となりました。
これからもう一仕事!という方々もいらっしゃることでしょう。
お疲れ様です。

今回は、傷病による休職中の教職員が、職場復帰をするまでの手続きについて、その一部をご説明してみようと思います。
休職といっても、いろいろな病状があるので、ここでは精神疾患による休職から職場復帰をするまでのことに限定して書いてみます。

精神疾患の場合、長期のブランクからいきなりフルに働くことを避けるため、あるいは自然な形で戻るために、試験勤務というものを実施しているケースが多数です。
試験勤務という名称は、場所によって様々で、リハビリ勤務などなど、呼び方はそれぞれですが、趣旨はほぼ同様と考えてください。

試験勤務期間中は、正規の勤務とは分けた位置づけなので、健康状態、回復の進み方を観ながら、徐々に仕事の内容や時間数を見直していくこととなります。
その上で、職場の責任者が、「復職して大丈夫」と認め、実際の復職へ向けた手続きがはじまります。

病気休暇と違って、休職から復職する場合は、主治医の診断書で「勤務可能」とされたものを提出することとなります。
さらに、ほとんどの場合、有識者(専門家)による審査が行われ、晴れて復職辞令が出るという流れです。

このように、あえて比較すれば、休職に入るときよりも、復職するときのほうが、手続き的には慎重かつ時間をかけて判断されていくということがお分かりいただけたと思います。
試験勤務については、特に職場の人々の理解が不可欠なものとなります。
そこで躓いてしまうと、さらに長い闘病生活ともなりかねません。

よって、復職する際には、ご自分の体調をよく考慮し、主治医と相談の上、慎重に進めることが必要です。
個々、各ケースによって、いろいろな対応があるのも事実です。
お迷いになったり、何かヒントがほしいというときには、当センターへお気軽にご一報ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す