講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

お母さんと子どもは、生まれてからも一緒

お母さんと子どもは、生まれてからも一緒


ミニトマト
母親が我が子を思う心は、表現できないほどの深い愛に満ちている。
そのことは、以前も書きましたが、「お母さん」というテーマでは、これからも書き続けていこうと思っています。

長い時間、お腹の中にいる赤ちゃんを大切に守り、子どもが生まれ、成長し、いつしか親の元から巣立っていく。
そのどんな時期にあっても、母親が子どもを思う強い気持ちには変わりはありません。

お母さんとは、本当に偉大なものだと実感します。


愛が深いゆえに、子どもの痛みにも同じように、いやそれ以上に悩み、苦しみ、何としてでも助けてあげたい!とがんばる。
それがお母さん。

だからこそ、お母さんは、自分の心と躰も上手に守っていかなくてはなりません。
背負うものが多いから。
そして、お母さんがどーんとして、笑顔でいることが、何歳になった子どもであっても安心感をもつものです。

子どものために・・・お母さんが元気で明るくいることが、一番の妙薬なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。